コラム

PD/QC対応USB充電器・USBケーブルの“リファレンス”を探す旅とその理由

PD/QC対応USB充電器・USBケーブルの“リファレンス”を探す旅とその理由

記事のポイント

  • USB充電器のリファレンスを探す旅をする!
  • USBケーブルのリファレンスも探す旅をする!
  • USB PDって…ややこしいぞ!

まずは、基準を探さねば。

どっぷり“USB沼”に絶賛ハマり中。特にUSB Type-C教信者になってる感じ。ところが、このUSB Type-Cがややこしい仕様ゆえ、規格外でヤバめなのもチラホラと…。そこで!USB Type-C関係のリファレンスを探すことにしました!!

二条ねこ

AVHzY CT-2も持ってるし、ねっとり計測でもしますか〜♪

まの

USBテスターを持ってるなら、何か計測したくなるのが人間の性ですものね。

砂瀧えり

しかも、ギークっぽいネタやんね!

リファレンスが必要な理由

リファレンスが必要な理由

数年前までは、一部製品(MacBook 12″やNextbit Robin)にしか採用されていなかった『USB Type-C』

二条ねこ

MacBook 12″採用時は、「なんじゃごりゃぁああ!」だったなー。

そんなUSB Type-Cですが、2019年現在では完全に普及しきった感があるようなイメージ。iPhoneを除いたスマホは軒並みUSB Type-Cを採用していますし、パソコンも同様に採用されていっています。それくらい市民権を得たということです。

しかし、普及が加速度的になってしまったからか、USB Type-C周りでは良からぬ噂もチラホラ…と。そう、巷では粗悪品が見られるようになったのです。まぁ、Lightningのときもそんな感じだったし、しょうがないね。

だから、リファレンスで測定しちゃおう!そんな算段なわけですな。

二条ねこ

もうすぐ『USB4』も控えてるからね。今のうちに知見を広めておかないとだからさ〜。

まの

ギークのお勉強というわけですね。

USB PDとは?—特徴・仕様・ネゴシエーション・注意点を一挙にチェック
USB PDとは?—特徴・仕様・ネゴシエーション・注意点を一挙にチェック USB Type-Cって、ほんとややこしい。 USB Type-Cには『USB PD』という、最大100Wまで電力供給が可能なプロ...

調べたいこと&必要なもの

今回、USBの充電周りにおけるリファレンス的・ベンチマーク的存在を探すわけですが、個人的に調べたいと思っているのが以下のようなこと。

この3つのUSB機器を計測したい!この3つのUSB機器を計測したい!
  • USB充電器
  • モバイルバッテリー
  • USBケーブル

これらの各USBデバイスの品質を、持っているUSB計測器(テスター)で調べたいわけです。

二条ねこ

身近に使うUSB機器って、この3つだと思うからね〜。

USBリファレンスが欲しい関係性。USBリファレンスが欲しい関係性。

そうなってくると、

  • USBケーブルを調べる:USB充電器のリファレンスが欲しい
  • 充電器・モバブーを調べる:USBケーブルのリファレンスが欲しい

という流れになってきちゃうわけです。…私だけかもですが。

そういうわけ(?)で、各USBデバイスの動作チェックをするのにリファレンスになりそうな、USBケーブル・USB充電器を探したいということなのです。それが今回の趣旨というわけですな。

まの

変わったことを考えますわね。

二条ねこ

ええー!?そうかなー?
こういうことを考えるって、ザ・学術的ガジェットブログって感じがするんだけどなー。

リファレンスの条件

リファレンスの条件

そういうわけで、

  • USB充電器
  • USBケーブル

のリファレンスになりそうな条件を考えてみました。

USB充電器

USB充電器のリファレンス条件

  • 最大出力61W以上。
  • USB PD端子は急速充電規格非搭載。(例外:QC 4/4+)
  • PDOがUSB PD 2.0パワールール準拠。
  • Split PDOではない。
  • 急速充電規格対応ポートも欲しい。

思いつくUSB充電器のリファレンス条件はこんな感じ。
簡単に言ってしまえば、ちゃんとした充電器だったらそれでOKという感じ。Split PDOは購入前では仕様からは判断できかねるが、Split PDOの挙動は面倒なので。ピュアに充電器としても使いにくいし…。

USBケーブル

USBケーブルのリファレンス条件

  • 5A対応ケーブル。
  • eMarker認証チップ搭載。
  • Rp(プルアップ抵抗)値が正常。
  • USB-IF認証済。

混沌な予感がするSBケーブルのリファレンス条件はこんな感じ。
とりあえず、USB-IF認証済であれば何でもOK。ただ、5A対応でないと、USB PDが60W超過の出力で流せないので、これも必須事項。もちろん、eMarkerはないと困ります。

各USBリファレンス候補

最後に、条件に合いそうなUSB機器のリファレンス候補をピックアップして、今回はサラダバーします。

USB PD充電器

【候補1】GOPPA『ENERGEAR 85W Wall Charger』

【候補1】GOPPA『ENERGEAR 85W Wall Charger』
製品名 ENERGEAR 85W Wall Charger
型番 GPA-EGAC85P2
メーカー GOPPA
最大出力 85W
インターフェース USB Type-C ×1
USB PD ○(USB PD 2.0)
急速充電 -
USB-C出力(USB PD) 5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・4.25A
サイズ 8.0×8.0×3.0 cm
質量 210g
備考 USB-IF認証済

GOPPA『ENERGEAR 85W Wall Charger』のスペック表。

GOOD

  • USB PDが3A以上出力可能。
  • USB-IF認証済。

BAD

  • USB PDしか試せない。

USB PD充電器第1候補は、GOPPA『GPA-EGAC85P2』。

GOPPAのEnergearシリーズに属するUSB PD充電器で、最大85WがUSB PD単体で出せるのが魅力。しかも、USB-IF認証済なので安心できる。まさに、計測のベンチマークにしてほしいと言わんばかりの充電器。

ただ、Quick Charge搭載ポートがないので、QCを試すには別途USB充電器を購入する必要あり。

二条ねこ

良さそうだったから、すでに購入済みであーるっ!

【候補2】Satechi『Type-C 75W Travel Charger』

【候補2】Satechi『Type-C 75W Travel Charger』
製品名 Type-C 75W Travel Charger
型番 ST-MCTCAM
メーカー Satechi
最大出力 75W
インターフェース USB Type-A ×1
USB Type-C ×3
USB PD
急速充電 ○(Quick Charge 3.0)
USB-A出力(USB BC) 5V・2.4A
USB-A出力(QC) 3.6V〜6V・3A
6V〜9V・2A
9V〜12V 1.5A
USB-C出力(USB PD) 5V・3A
9V・3A
15V・3A
18V・3A
20V・3A
サイズ 103×72×27 mm
質量 213g
備考 ACケーブルタイプ

Satechi『Type-C 75W Travel Charger』のスペック表。

GOOD

  • USB PD・Quick Charge・USB BCを一挙に試せる。

BAD

  • USB PDが3A出力が最大。
  • USB-IFの認証状況不明。

USB PD充電器第2候補は、Satechi『Type-C 75W Travel Charger』。

USB PDが最大60W出力ということを除けば、リファレンスとしては良さそうなUSB PD充電器。厄介なQuick Chargeも試せるのはありがたいところ。

ただ、3Aが最大なので、5A出力の挙動や試せないのが残念。また、USB-IFの認証状況も気になるところ。

USB-A to USB-C ケーブル

【候補1】Anker『Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1 (Gen2) ケーブル』

【候補1】Anker『Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1 (Gen2) ケーブル』
製品名 Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1 (Gen2) ケーブル
型番 A8465011
メーカー Anker
プロトコル USB 3.1 Gen. 2
5A出力
備考 USB-IF認証済
Quick Charge 3.0対応

Anker『Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1 (Gen2) ケーブル』のスペック表。

USB-A to USB-C ケーブル第1候補は、Anker『Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1 (Gen2) ケーブル』。

USB Type-A to USB Type-C ケーブルとしては申し分なし。何よりUSB-IF認証済なのが頼もしい。Quick Charge 3.0対応にも対応しているので、QC 3.0対応のUSB Type-Aポートのチェックにも使えそう。

USB-C to USB-C ケーブル

【候補1】Anker『Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル』

【候補1】Anker『Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル』
製品名 Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル
型番 A8485011
メーカー Anker
プロトコル USB 3.1 Gen. 2
5A出力
備考 USB-IF認証済
Quick Charge 3.0対応

Anker『Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル』のスペック表。

USB-C to USB-C ケーブル第1候補は、Anker『Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル』。

USB-IF認証済で5A対応(USB-IF認証済だし、eMarkerチップがないことはないはず)で、USB 3.1 Gen. 2の通信プロトコル対応。非の打ち所がないUSB Type-Cケーブル。ただし、ケーブルが太くて取り回しが悪いのが難。

二条ねこ

これはすでに購入済みあーるっ!

まとめ「リファレンスを探す理由は正解が欲しいから」

まとめ「リファレンスを探す理由は正解が欲しいから」

USB充電器やUSBケーブルのリファレンスをこうやって探す理由は、ある種においての正解が欲しいから。それだけです。

仕様がややこしいので、Appleの純正充電器ですら「ヤバいかも?」なんて言われてるわけで、いち消費者には困ってしまう。だから、チビチビと調べていこうと思ったわけです。USB-IFの認証を強制にしてくれれば…。

二条ねこ

USBの旅が今…始まるっ!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

砂瀧えり

なーんか、ややこしい気しかしないんやけど…。

まの

Web上では、すでに調べている有志の方々がいらっしゃいますわね。

二条ねこ

みんな凄いよねー。
私は単純に自分用だけどねー。

砂瀧えり

うわぁ…。

おわり

COMMENT